未明にゲリラ豪雨で休校(令和三年)

梅雨明けの時期は大気の状態が不安定にあることが多いのですが、今年は未明に大雨が降り警報が出て小学校は休み、ほか停電もしてややこしいことになりました。

7月上旬の天気予報は「大気の状態が不安定」が決まり文句のようで時に気にせず眠りについたのですが、明け方雷がかなり鳴っているのが気になりました。しばらくすると近くに雷が落ちたようでものすごい音がしました。これで家族みんな起きてしまいました。時に朝5時頃。

雷

おかしいと思ってあたりを見るとどうも停電いている模様。すでに明るかったので不自由はしませんでしたがどうしたものか。数分で停電は解消して諸々使えるようになったのですがネットは通じません。どうもプロバイダー側で何らかの障害があるようでした。
ほか、ウォーターサーバーがピンコンピンコン音を立てています。しばらく電源を切って放置していましたがそういうわけにもいかないので説明書をみると「安全モード」なるものになっているとのこと。しかるべきボタンを押したら解消しました。
懸案のネットも30分くらいで復活しました。このご時世やはり停電があると何かとハラハラします。

その後はリビングであれやこれや言い合っていたのですが、6時半頃奈良県西北部に警報発令。もう雨も小降りになってきてたので何で今更という感じ。喜んだのは次男でこれで学校は休校です。生駒市の小学校は朝7時の時点でしか判断されないので一日休みになります。
結局その日は9時くらいまでには雨も落ち着き普通の日になりました。ただ次男だけは家で遊びほうけていたようです。

広告


ランキング/ご支援のワンクリックをお願いします

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ