とりあえず私立二校に合格:長男

中学三年生で高校受験の長男ですが、とりあえず私立の二つの高校に合格しました。これで一安心ですが、本命の県立高の受験は3月に入ってからでまだまだです。

奈良県民の中学三年生が受験する私立高校というと奈良県内と大阪府または京都府の二校になるのが一般的のようです。大阪府と京都府の私立校は入試の日が一緒で一校しか受けることができません。それと奈良県の私立高を受けるという寸法です。
長男の学力を勘案して奈良県の高校はすべり止め、大阪府は少しチャレンジという位置づけになりました。

先に奈良県の高校を受験したわけですが、手ごたえを聞くと「うーん、まあ」と予想通りの煮え切らない回答。ま、普通にできれば大丈夫だろうということで楽観的に解釈していました。発表は平日の16時にWebでとのことなのでパパは会社で見ようと思っていたのですが、15時過ぎるくらいから気になって仕事が手に着きません。何とも情けない…
そして16時過ぎにアクセスすると下記通りの表示(かなり加工していますが…)がでました。一安心です。家に帰って長男におめでとうといったのですが、「ありがとう…」くらいの反応。余裕ですかね?

合格通知

大阪府下の高校はその数日後でした。こちらも手ごたえを聞いても反応は一緒。どもならん。
合格発表は翌日速達でとのこと。速達で送付するのが翌日なのか、翌日に着くような速達なのかで気をもみましたがどうも前者のよう。長男も気になるようで翌日の夜に家のピンポンが鳴るとすかさず反応していました。パパが楽天で頼んだ宅急便だったのですが、「こんな時に紛らわしいもの頼まないでよ」と怒られてしまいました。結局受験日の翌々日に速達は来たようです。パパは会社に行っていましたがママから合格したみたいと連絡が来ました。

本命は県立高で受験日は三月に入ってから。ひと月近く間が空きます。だいぶ安心した長男は友達の家に遊びに行ったりゲームをしたりで完全リラックスモード。これは困った。一週間くらいはいいかもしれませんがそろそろねじを巻きなおしてほしいところです。

広告


ランキング/ご支援のワンクリックをお願いします

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ