サイコロきっぷ呉・広島行きは生牡蠣で〆

令和五年秋の大阪発サイコロきっぷが呉・広島で当選して旅に出てきました。呉で博物館を二つまわったくらいでもったいなかったですが最後は広島で生牡蠣を楽しみました。

8月末に病気で倒れてしまったこともあって躊躇はしていたのですが何はともあれ抽選に申し込んだサイコロきっぷは首尾よく呉・広島が当選しました。とはいえ実際に旅に出るのは体調が回復を待った方がよくて有効期限の10月末近くにせざるを得ない状況でした。そんなわけで最後のチャンスの土曜日の予約をしようとその週の水曜日くらいに決心しました。朝早く出てそんなに遅くない時間までに日帰りと思っていたのですが、空席検索で余裕と思っていた新幹線はサイコロきっぷ向けは別枠のようで一番早くて11時でした…仕方ないですね。帰りが遅くなりますがもう行くしかありません。前回のサイコロきっぷが売れすぎて「やくも」の指定席が取りづらくなった影響でしょうか?そもそも抽選でしたし…

きっぷ

準備の段階でそんな誤算があったわけですが、朝余裕があるというのも案外いいですね。少し寝坊をして子供たちの世話を焼いたあといそいそと新大阪駅に向かいました。
広島に着いたあとは在来線で呉に行くのですが、まっていたのはえらくキレイな快速電車。つい最近まで広島付近を走っていたのは、黄色い国鉄時代の電車だった覚えがあるのですが新しくなったのですね。キレイなのいいですが随分混雑していて座れませんでした。

電車

30分ほど立ちん坊で呉駅に到着です。都会の立派な駅です。

呉駅

ここから入船山記念館と大和ミュージアムをまわったのですが各々の記事は下記リンクからご覧ください。どちらも見所満載で思った以上に時間がかかりこれで終了という感じになってしまいました。

帰りは呉始発の鈍行でさすがに座れましたが結構混雑していてもう少し車両を増やした方がいいのでは?と思うほど。電車が新しくなって合理化と称して短い編成にしたのではと訝しがってしまいます。

広島に戻ったのは夕方17時頃でしたが、行きの新幹線でサンドイッチを食べただけなので空腹です。時間は余りありませんが広島らしいものを食べたいところ。呉からの電車の中で駅ナカのよさげな居酒屋を見つけて直行したところ、1時間くらいならひとりでもいいですよとのこと。

牡蠣

そんなわけで目がない生牡蠣と「海賊焼き」なるものを注文。後者は要するに広島のお好み焼きみたいなもので美味しかったです。メニューにはもっともっと食べてみたいものがありましたが、小食男の一人旅はここら辺がつらいところか。

海賊焼き

その後は新幹線で珍しく夕食に間に合わない遅い時間に帰りました。本当は折角広島まで安く行けるのだから一泊してもっとあちこち行きたかったところですが、体調も悪いことですし仕方ないです。それにしてもサイコロきっぷは発売以来毎回使わせていただいていますが、いろいろ行きたいところがある身としては本当に重宝しています。また発売を期待しています。

広告


ランキング/ご支援のワンクリックをお願いします

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ